リスト作成のコツ(2)発散フェーズ

リスト作成について、前回はロングリストの場合は発散と収束のフェーズに分けることをご提案しました。

まずは、発散フェーズのコツです。

1. 漏れなく

2. 100個出す

3. 名詞+動詞で

4. アナログでも、デジタルでも


1. 漏れなく
外資系コンサル界隈で使われるというMECE(ミッシー)という言葉があります。Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive.の略で意訳すると「漏れなく、ダブりなく」。発散フェーズでは「漏れなく」が大事で、「ダブりなく」は無視すること。ここがコツで、ダブり(重複)を恐れないようにします。

2. 100個出す
「100個」は比喩ですが、アイディア出しに際しておこなうブレイン・ストーミング等でもよく言われるように、発散フェーズではとにかく数をたくさん出すことが大切です。Wishリストなら、まずは100個くらいを目標にするとよいかと。数十個程度だと、いつも考えているような常識的なことが多く並ぶと思いますが、ムリにでも増やしていくと意外なものが現れることも。それは、新たな自分の発見かも!(ジョハリの窓の「暗い窓」のような)
Not to doリストの100個は、かなりキツいかもしれませんが…。

3. 名詞+動詞で
項目は、基本的に名詞と動詞の組み合わせで簡略に記します。「XXX(名詞)をYYYする(動詞)」の形。もちろん、必要に応じて形容詞や副詞で修飾などしてもよいですが、そういうのは後の収束のフェーズでも出来ますから。簡潔に。

4. アナログでも、デジタルでも
発散フェーズでは、ノート、メモ帳等へ手書きのアナログ形式でも、PCやスマホを使いデジタルでも、どちらでもよいです。思いついた内容を即、捕捉できる方法で。なお、自分でやってみたら、音声入力も意外に使えることが判りました。いろいろ、変えてやってみるのも良いですね。

リスト作成のコツ(1)発散と収束のフェーズ分け

(ちょっと間が空きましたが)
前回は、Wishリストと各リストの関係について書きましたが、このようなリスト作成におけるちょっとしたコツについて、整理してみようと思います。あくまで管理人の場合ですが、参考になればよいなぁと。

Wishリストのようなリストを作成する場合は、まず、各項目を列挙するリストアップ、いわゆる発散のフェーズと、リストした内容を評価し整理する、いわゆる収束のフェーズを分けるのが定石です。

毎朝、その日にやるべきことをリストアップする、数項目のTo-Doリストのようなもの(ショート・リスト)であれば、そんな区分は必要ありませんし、また、毎日そんな時間もないでしょうが、項目数の多いリスト(ロング・リスト)の場合です。

人間の頭脳は、自分で思っているほどには器用に動きません。特に、リストアップ作業と評価・整理作業は、アクセルとブレーキのような関係とも言えますので、同時にやろうとすると、なかなか上手くいきません。

これは、企画に関するアイディア出し等の作業でも同じです。

Wishリストと各リストの関係

昨日のエントリでは、Not to doリスト、やらないこと&やりたくないことリストについて書きましたが、Wishリストというのもあります。Want to doリストとか、Bucket Listとも呼ぶようですね。
(「Wishリスト」だと、Amazon等の「欲しいものリスト」と混同する、ということかもしれません。)

これは、やりたいことのリスト。自分が将来にやりたいな、と考えたものごとを列挙したリストです。これも、有用なリストです。実際に書いてみると、なかなかリストアップできなかったりして…。逆に、日常では意識していなかった物事が、フッと浮かぶこともあり。

なお、昨日のエントリでNot to doリストを、To-Doリストの「対義語のひとつ」と、ややフニャっとした表現で書いたのですが、両者は必ずしも対峙していないと思うのです。

必要性と意欲を軸に、図解(マトリクス)にしてみました。
(いつも、こんなのを描いて、あーでもない、こーでもない、と独り言を言ながら、いろいろ考えてます。ややこしい人間です。)
To-Doリスト等の位置付け 151123
To-Doリストは、必要性を基軸にした概念です。マトリクスの必要性「あり」のエリア(左側)。それに対して、Not to doリストは、自分の意欲がポイントで、意欲「なし」のエリア(下側)になる。それと対極に位置するのがWishリスト(上側)という関係。なので、私見では、Not to doリストとWishリストが正反し直接的な対義語となり、それらとTo-Doリストは少し捻じれた関係にある、のかと。

これらのリスト同士を照らし合わせてみるのも、面白い思考実験になります。
例えば、左下のエリア、必要性「あり」&意欲「なし」に該当する項目があるとすると、おそらく何か問題を抱えているのではないかと推測されます。やるべきことだが、やりたくないものごとを、何かを変えて対処する案もあるという訳です。必要性自体を無くしてやらなくてもよくするか、やりたくなるように仕掛けをするか…など。

Not to doリスト

To-Doリストというのがありますね。(当面)やるべきことをリストアップした作業の一覧表。タスクリスト。時間管理や仕事術、手帳関係の本などで、始めの方に必ず出てくる基本用語です。チャールズ・シュワブ氏とアイビー・リー氏の逸話は有名ですね。

Not to doリストというのもあります。To-Doリストの対義語(?)のひとつですが、こちらは、やらないこと&やりたくないことのリスト。
このようなリストを作成することには功罪があります(世のほとんどの物事には功罪あり)が、良い点のひとつは、リストを作る際に、自分の身の回りについて棚卸をすることになり、現在~将来の行動について自然に考える時間を持てることです。どうしても、ふだんは日常に流されますからね。管理人は、いつも流されてます(汗

その結果、管理人のNot to doリストには、

-合理的、論理的ではない発言や行動をする

-受取る価値にそぐわない労働を提供する

-人出の多い日時に外出する

といった項目が並んでおります。

(連休中に行楽に行かれた皆さま、誠にご苦労様であります)

ほぼ日手帳オリジナル 購入




そろそろ手帳商戦のシーズンになり、雑誌の特集なども始まっております。



来年(2016年)用も、今年に続き、ほぼ日手帳(オリジナル、文庫本サイズ)を購入しました。(ステマではない)
カバー(ネイビー)とカバーオンカバーは、今年のものを使い続ける予定。



当初の予定のようには書き込みをしませんでしたが、旅行や出先で入手するおみくじやチケットの半券、ショップカード等の小さな紙類の貼り付け場所として重宝しております。あと、フリクションの天気スタンプを押して、ねこあつめのにぼしの残数(ふつうにぼし/きんにぼし)を記入。



なお、ほぼ日手帳は、文房具店や書店では買えません。ほぼ日サイトでの直販がメインで、あとリアル店舗では全国のLOFTで購入できます。

■ほぼ日手帳 2016
http://www.1101.com/store/techo/


Amazonで扱っているのは、主にビジネス用途の「WEEKS」タイプだけです。オリジナル、カズン(A5)等は買えませんのでご注意を。
WEEKSは東急ハンズ、一部書店等にも展開。

お薦め方眼ノート「一ツ橋ノート ラッキー プランニングセクションノート A4 5mm方眼」

手書きすることもめっきり少なくなった昨今ですが、まだ「ゼロではない」(笑)訳で。ノートのステマをひとつ投下。

サイズはA4必須。
A4縦の上部を綴じているレポート用紙(←死語)や裏が白いタイプは、拡げて使えないのでパス。リング(スパイラル)タイプも手に当たるので最初から対象外。リングを使ってるノートやメモ類を見ただけで、全身がザワっとするくらい苦手なので。

管理人のお気に入りは、一ツ橋ノートさんの「ラッキー プランニングセクションノート A4 5mm方眼 PS-405」。



方眼が薄いブルーであまり目立たず、コピーしても写りにくい。
サイズはA4。中綴じのノートタイプで裏表使え、拡げてA4×2のA3としても使えます。なので、大きな図解とかも書ける。
縦方向にミシン目が入り、切り離しもできます。切り離し後のた大きさがA4サイズで、ノート自体はほんの少し横長。管理人は、使用中は基本的に切り離さないのですが、他人と共有したり、使用後にスキャンするのに便利です。

5mm方眼を使ってますが、他に7mm方眼と、


3mm方眼もあり。


お薦め。

販売箇所が少ないのだけが難で、以前は伊東屋(現Ginza Itoya)に行けば間違いなく入手できたのですが、あんなことになった今はたぶん…orz
Amazonがあるけど、この単価だと送料がねぇ。

自炊裁断機 DURODEX 200DX 導入



少し前、Dyson ハンディ&布団クリーナー V6 Triggerの導入についてご報告しましたが、個人的に季節外れの大掃除&断捨離(←死語)ブームに関連して、雑誌、書籍による生活スペースの圧迫に耐え切れず、書籍等の電子化に手を付けてみることに。
これまた、非常に大きな投資でございまして、同時に購入したDysonと合わせると、ピーク期である北海道までの正規航空運賃(往復)にも相当します。北のS本部長さんからは「そんなの買うより、北海道へ来て生ビール飲んでジンギスカンつついた方が生産的なんじゃないの?」という、あからさまな横槍り(ありがたいお誘い)を入れて頂きましたが。(感謝)

さて、DURODEX(デューロデックス) 200DXの使用感ですが、ひと言でいうと自炊裁断機の名に恥じない非常に満足するものでありました。
まず手近にあった薄めの雑誌というか業界誌、20冊余を裁断してみたのですが、あまりにあっけない。アッという間でした。

以前この雑誌は、会社にあった下記のようなロータリー式の裁断機で処理していました。


これでも、カッターで裁断するのに比べれば、当時は十分に文明的だなぁと思い、裁断業務がけっこう好きだったのですが、自炊裁断機は更に更に容易に、ストレスなく裁断処理できます。最大18mmまで裁断可能なので、文庫、新書はもちろん、単行本も一回で。薄い雑誌なら2~3冊同時でも大丈夫です。
まあ、価格が価格ですので利用者を選ぶでしょうが、自炊対象が数百冊以上の方は、勝って損はないと思います。(数十冊から100冊くらいまでなら、ロータリー式でよいかと)

ハンドルを折りたたんで縦型に収納できるので意外にスペースは取らず、比較的軽量なのも魅力です。安全性も非常に高く、乳幼児が簡単にさわってしまうような環境以外では、問題はほとんどないでしょう。(このへんは自己責任でお願いします)
なお、難点というほどのことではないのですが、カットラインを示すという赤色LEDは不鮮明で良く見えないです。単に、利用者の老眼のせいかもしれないですが。

いま、困っているのは、何でも裁断したいという少々異常な心理になっていること。自炊の対象は取りあえず「雑誌や変形本に限定」と思っていたのが、目につく本を手当たり次第、裁断したくて堪らない…

Dyson ハンディ&布団クリーナー V6 Trigger 導入

個人的に、季節外れ?の大掃除&断捨離(←死語)ブームが訪れておりまして。何年振りかで、家財を動かしたり、ダンボールを開けたり。ゴミやホコリが表に出て来る訳で、掃除機を出動させるのですが、これが数十年前にどなたかから頂いた超古いハンディタイプ(もちろん電源コード付)。ずっと利用して来ましたが、そろそろ限界になりました。

そこで、残り少ない余生、一度「吸引力の変わらないただ一つの掃除機」というコピーで有名なサイクロン式掃除機、Dysonの製品を体感してみることにしました。ピーク期の北海道までの正規航空運賃(片道)ほどする投資は、現在の財政状態では誠に痛いですが、なんとかやり繰り。

Dyson社として、ハンディタイプの一押しは、延長ホース、フトンツールが特別に附属する以下のDyson V6 Mattressのようです。



ただ、管理人は布団用途にはさほど重きを置いていないので、特別附属品が付かず、そのため少しお安い、下のハンディ&布団クリーナーの「Trigger」さんで。色もブルーで好みです。(上のMattressは薬っぽくスースーしそうな緑色?)



まだ、開梱して周囲にちょっと使っただけですが、初動の使用感は…
吸引力には、なるほどと納得。また、非常に軽くて持ちやすく、スイッチもタッチする感じ。とても使い易いです。ミニモーターヘッド、コンビネーションノズル、すき間ノズルはTriggerにも付いています。

なお、音は相当ウルサイ。Amazonでポチったので他の製品と比べてどうこうではありませんが、「キーン」とします。夜中に使用するのは、ちょっと躊躇するレベル。
あと、 ゴミをストックする部分(クリアビン)が透明で可視化されるのは判りやすい反面、かなり悪趣味かと。「こんなにゴミが~」とMな気持ちになりそう。(部屋が汚いせいか?)
スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード