単体財務諸表に関する検討会議

2010.9.28付、日本経済新聞投資・財務面より。ちょっとした囲み記事なのに、なぜかリードがたくさん付いてます。

■会計基準、産業界の声 集約
財務基準機構と経団連 有力企業CFO集め検討会議
「単体」財務諸表を議論


財務会計基準機構と日本経団連が、有力企業の最高財務責任者(CFO)を集めた会議を設置して、単体財務諸表について検討するとのこと。オブザーバーとして、金融庁、経済産業省、法務省なども加わるといいます。

コンバージェンスに伴う単体財務諸表の扱いを明確化するというのは当然です。

ただ、相変わらず、作成者と役所の側ばかり見ていて、利用者(投資家、金融機関、アナリスト)は蚊帳の外か。犯人と共犯者に刑法改正に関する意見を聞いて、どうするつもりなんだ。(怒)
IFRSと日本基準の本質的な差異は、個々の会計処理などではなく、こんなところにある、と言えないてしょうか。
あと、企業会計基準委員会ではなく、上部組織の財務会計基準機構であるのも、微妙。

と書いていたところ、当の財務会計基準機構(SASF)からも、公式発表が。

■単体財務諸表に関する検討会議の設置について(2010.9.28)
https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/press_release/overseas/pressrelease_20100928.jsp;jsessionid=215A85E7948BC96F51C8075A80718D35

一応、アナリスト、銀行からもメンバーが入るのか。さて、どこまで、機能するんでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード