検察官の逮捕に関しての雑感

某検察官逮捕について。ブログの趣旨とは、あまり関係ありませんが、似非ローヤーとしての感想などを少々。

非常よろしくない事態であることに異論はありませんが、違和感があるのは「あってはならない事件」みたいな反応。
どうも、日本国には官僚の無謬性を盲信している向きが多いようです。

■BLOGOS:刑事司法の根底(廉潔性)が崩壊したニュース(2010.9.22)
http://news.livedoor.com/article/detail/5024923/


「廉潔性」と表現をしていますが…そんなものは、もともと有り得ないんで。組織があれば、一定の確率(又は変動する確率)で、必ずXX(犯罪とか)がおこる(はず)。まあ、いわゆるブラックスワン的なこと。

「検察」だから潔癖、などという議論の建て付け自体が、根本的におかしいです。「あるべき論」と事実が、履き違えられている(というか意図的に混同されている?)。

むしろ、そんな盲信、誤信が、かえって、このような事件を引き起こすという側面もありそうです。つまり、

お上(官僚・役人)は間違わない、ことになっている

でも、間違ってしまった

事実の方を捻じ曲げる(証拠隠滅、改変)


というわけです。

役人と接触する民間企業では、実はよくみられる構図です(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード