可能性が50%超

可能性が50%超(More Likely Than Not)とは、リース期間を算定する場合に、更新又は終了オプションを考慮する際の要件。

IFRSの公開草案「リース」では、リース期間を算定する場合には、リースを更新又は終了するオプションを考慮することが必要です。リース期間は、その可能性が50%超である最長の期間となります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード