FC2ブログ

会計士協会の公表物の分類

日本公認会計士協会が、今後はドキュメントを5分類(報告書、実務指針、通達、研究報告、研究資料)して、公表することを発表しています。

■日本公認会計士協会が公表する委員会報告等の公表物の体系及び名称について(2010.8.11)
http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/post_1396.html


①報告書
業種、業界、分野を問わず基本となるもので、かつ、監査又は会計に関する基準の設定主体からの委任を受けたもの

②実務指針
ア.業種、業界、分野を問わず基本となるもの(「報告書」としたものを除く。)
イ.特定の業種、業界、分野を対象とするもの

③通達
基準又は報告書若しくは実務指針の範囲内での適用方法、取扱い等について注意喚起等するためのもの

④研究報告
委員会における研究の成果

⑤研究資料
委員会において答申等として結論を得るには至らなかった場合等における当該委員会の審議過程の状況、結論を得るには至らなかった理由等を整理したもの

(日本公認会計士協会のサイトより)


こういうローカル・ルールみたいなのは、埋もれてしまうと判らなくなるので、メモしておくと役立つかと。
なお、既公表物に関しては、5分類に対応させた一覧表のPDFが添付されています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
Amazonからのお薦め
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。