FC2ブログ

近頃のIFRS本の「傾向と対策」(下)

引き続き、近頃のIFRS本の傾向についてメモ

3.用語辞典
「IFRS財務会計入門」の著者、広瀬先生などが関与する用語集。英和←→和英の両方使えます。英語のできない管理人的には、こういう本を待っていた。

■「英和和英 IFRS会計用語辞典」 広瀬義州、内藤文雄、徳賀芳弘 中央経済社 2010.5



英和和英IFRS会計用語辞典英和和英IFRS会計用語辞典
(2010/05)
広瀬 義州内藤 文雄

商品詳細を見る


4.プロジェクト計画系
IFRSの内容というより、プロジェクトの進め方などをメインにしたもの。手順が延々と書かれており、プロジェクト経験が豊富な方にはややクドいかもしれないが、参考になります。

■「成功する!IFRS導入プロジェクト」 清文社 デロイト トーマツ コンサルティング 2010.5.10

■「IFRS時代の会計イノベーション」 日経BP出版センター IBM Global Business Services 経理財務変革コンサルティング 2010.4.19



成功する!IFRS導入プロジェクト成功する!IFRS導入プロジェクト
(2010/05/10)
デロイト トーマツ コンサルティング株式会社

商品詳細を見る



IFRS時代の会計イノベーション グローバル連結経営を実現する情報システム戦略とはIFRS時代の会計イノベーション グローバル連結経営を実現する情報システム戦略とは
(2010/04/19)
IBM Global Business Services 経理財務変革コンサルティング

商品詳細を見る


5.IFRS全般の把握
IFRSを全般的に把握するには、やっぱりソースに当たるのがベストなので「国際財務報告基準(IFRS)(2009)」がよいかと。ただ、分厚くて高いので、次善の策としては「テキスト 国際会計基準」をお薦め。すべてのテーマを網羅しなくてよいのであれば「IFRSの考え方と実務対応」もよいです。共著ですが、良くまとまっていて、読みやすい。

■「国際財務報告基準(IFRS)〈2009〉」 国際会計基準委員会財団、企業会計基準委員会訳 2009.12

■「テキスト 国際会計基準」白桃書房 桜井 久勝 2009.10
または以下。

■「IFRSの考え方と実務対応」 日本公認会計士協会出版局 日本公認会計士協会 2010.4


国際財務報告基準(IFRS)〈2009〉国際財務報告基準(IFRS)〈2009〉
(2009/12)
国際会計基準委員会財団、

商品詳細を見る


テキスト 国際会計基準テキスト 国際会計基準
(2009/10)
桜井 久勝

商品詳細を見る



IFRSの考え方と実務対応IFRSの考え方と実務対応
(2010/04)
日本公認会計士協会

商品詳細を見る


6.概説書
概説書では、以下が、IFRSの関連情報を広く網羅していてお薦め。その割に、コンパクトで記述も明解です。

■「あっ、そういうことか!IFRSガイド」 中央経済社 武田雄治 2010.5



あっ、そういうことか!IFRSガイドあっ、そういうことか!IFRSガイド
(2010/05)
武田 雄治

商品詳細を見る

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
Amazonからのお薦め
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。