FC2ブログ

キラー・リーディング

『キラー・リーディング』 中島孝志 実業之日本社 2007.9.20刊

元編集者で、出版プロデュースやコンサルティングを業とする中島孝志さんの著作。ビジネスマン向けの自己啓発や能力開発系の本を多数出しているので、ご存じの方も多いと思います。書名は、某ベストセラー、「レバレッジ・リーディング」の後追いでしょうね。

「インテリジェンス×イマジネーション=キラー・リーディング」で「インテリジェンス=キラーワード×キラー・フレーズ」らしい。このように「公式」風にするのが、中島氏の流儀のようですね。例えば、日経BizPlusの「社長の愛した数式」参照など(「×」に意味がないようなので、「数式」というのはどうかと思いますが)。こういうの、以前は苦手でしたが、近頃、だんだん好きになってきました。「成果=能力×意欲」なんてのと同じですね(この場合は「×」にも意味がある)。といって、公式的に表現されているから、正しい訳ではありませんので、ご注意。

中身も体裁も、極めてオーソドックスなノウハウ本(変な表現)です。ただ、著者は「出版」を業としているので、その偏向は修正して読む必要があるかと思います。ちなみに、本書に頻繁に出てくる「出版プロデュース」というのは、「ゴースト・ライティング」(に近い)という意味だと理解しました。
一般的な概念を、独自の「キーワード」に変換しているのが参考なりました。これは、実務でも効果がある方法。相手が、同じ「ワード」や「略語」を使うようになれば、こちらのペースです。しかも、ここでは「3つ」並べているのが多い。
読んだ本の内容を元に企画する、マインドマップ的方法に、カードなどの紙ベースのものを薦めていますが、このような用途の場合は、FreeMindなどのツールを使用する方が実用的かも。

気に入ったのは、一番最後の「ブログは、インプットした情報をシャッフルするには絶好の舞台だと思う。」というところ。使いこなせていない管理人がいうのもなんですが、ぜひ、やってみては如何でしょうか、ブログ?このレベルでも、ひと様のお目を汚して、憚っておりません。
[私的INDEX]情報を腑わけする・キモをチェックする・アイデアを発想する、3つの習慣:考える・総括する・メモる、Skipping・Skimming・Scanning

お薦め印:★★☆☆☆(公式で表現すると…)

キラー・リーディング  「仕事脳」が劇的に回り出す最強の読書法 (JBシリーズ)キラー・リーディング 「仕事脳」が劇的に回り出す最強の読書法 (JBシリーズ)
(2007/09/19)
中島 孝志

商品詳細を見る


中島孝志さんのブログ「中島孝志のキーマンネットワーク」は、こちら。(他のブログへのリンクもあり)
スポンサーサイト



trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

出来る経営者と出来る社員の仕事術「MindManager」

頭の中でアイデアがグチャグチャになっていませんか?そんな悩みを解決する方法があります!それは脳のメカニズムに最も適した「マインドマップ発想法」です。あなたの仕事、そして人生を変えるマインドマップソフトMindManager(マインドマネージャー)を紹介します。マイ

コメント

非公開コメント

こんにちは。
「キラー・リーディング」を読みました。
ブログでアウトプットも中島さんのレベルを、
目指したいですね。
TBさせていただきます。
スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
Amazonからのお薦め
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。