FASBがコンバージェンス作業の6ヶ月延長を表明

米国財務会計基準審議会(FASB)が、IASBのIFRSとのコンバージェンス(MoU)について、期限の2011.6末から6ヶ月遅れるとの見通しを発表したようです。

■REUTERS:米会計基準の国際基準との統合、期限の2011年6月末より約6カ月遅れる見通し=FASB会長(2010.6.2)
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK866694820100601


コンバージェンス終了は2011.12末になり、デビッド・トゥイーディーIASB議長の任期までに終了しないことになります。いよいよ、IASB対FASB、英国(EU)対米国の会計覇権争いが、改めて表面化しているということでしょうか。
面白くなってきた。でも、日本は蚊帳の外…(笑)

【関連書籍】
■「導入前に知っておくべき IFRSと包括利益の考え方」 高田橋範充 日本実業出版社 2010.5.26


導入前に知っておくべき IFRSと包括利益の考え方導入前に知っておくべき IFRSと包括利益の考え方
(2010/05/26)
高田橋 範充

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード