IFRS強制適用の何が悪い?

2010.4.28付、日本経済新聞マーケット総合2面「IFRS強制適用の早合点」と題した、地銀協の中川常務理事のコラムより。この方は、いつも、ピント外れのコメントで、ネタをご提供頂き、まことに有り難い存在(笑)

IFRS強制適用について、「企業の負担」とか、「わが国なりの事情や主張」とか、ありきたりで、どうでもよい細事を上げて、反対している。
特に、看過しがたいのが

国益に関わるこの問題については~IFRSの「誤解一覧集」でも一読の上、強制適用の得失を考え直してはいかがだろうか

というところ。
日本経済の失われた20年の、大きな元凶のひとつである金融機関団体の関係者に、「国益」を語って欲しくないなぁ。

今までのように、金融機関が不良債権を隠せなくなる、また益出しと称した胡麻化しもできない、というのもIFRS導入の大きなメリットです。あっ、もしかして、それが困るから反対してるんでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード