FC2ブログ

IFRSに関する誤解(3)

引き続き「IFRSに関する誤解」について。

■金融庁:「国際会計基準(IFRS)に関する誤解」の公表について
http://www.fsa.go.jp/news/21/sonota/20100423-2.html


3.全面的なITシステムの見直しが必要か

[誤解]IFRSになると、ITシステムを含め、業務プロセス全般について全面的に見直さなければならない。

[実際]既存のシステムの全面的な見直しは、必ずしも必要ではない。

非常に誤解を生みそうな、問題コメントです。
「見直し」の定義の問題かもしれないですが、「ITシステムを含め、業務プロセス全般について全面的に見直さなければならない」と思った方がよいです。つまり、関係する全ての(業務や)システムについて、IFRSの影響を調査し、修正や入れ替え、開発が必要であるか、抜本的に検討することなります。これが「見直し」ということ。お役人様は、「見直し」=「開発」というニュアンスで使っているようですが、ちょっとおかしい。
なお、システムの、全面的な入れ替え、再開発は、当然ながら、必ずしも必要ではないです。

4.社内の人材のみではIFRSに対応できないのではないか

[誤解]IFRSはプリンシプル・ベース(原則主義)なので、適切な処理の検討について、社内の人材のみでは対応できず、必ずコンサルタントなどに依頼しなければならない。

[実際]プリンシプル・ベースだからといって、コンサルタントなどの外部専門家に依頼しなければならないということはない。

これは、そうかも。
外部専門家以上のスキルを持つ、社内の会計専門家は、もちろん、おられるでしょう。
ただ、そういう優秀な方は、より重要な他の仕事をしたほうがよいかもしれないですし、外部専門家以上のコスト・パフォーマンスが出せるかも、微妙ではあります。
(要は、コンサルの方が結局は割安かも、ということ。コンサルタントとしてのバイアスがかかった発言か…)

5.監査人の対応が厳しくなるのではないか

[誤解]IFRSになると、プリンシプル・ベース(原則主義)になるので、監査人の言うとおりにしなければ監査意見をもらえなくなる。
[実際]IFRSになったからといって、監査人の対応が厳しくなるわけではない。

これは、どうなんでしょうか。
監査人次第という部分は、大きく増えると想像しています。極限的な事項では、四大ファームによって見解が異なることもあるそうですし。
まあ、必要なら、監査人(監査法人)を変えるくらいのハラを持つのがよいのでは。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
Amazonからのお薦め
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。