IFRS適用の連結先行(連単問題)について

ASBJのサイトで、第198回企業会計基準委員会の概要がアップされています。その中の、「4.財務諸表表示専門委員会における検討状況について」に興味深い点が。

■財務諸表表示専門委員会における今後の進め方について
https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/minutes/20100325/20100325_03.pdf


2010.3末予定だった、包括利益の表示に関する議決が延期されています。その理由として、連結先行の在り方を議論してから、連結と個別の包括利益の表示について、結論を出すべきということになった、ようです。
つまり、ASBJレベルではありますが、連単問題について、ある方向性が出るかもしれない、ということ。期待しましょう。

連単問題とは、ロードマップにおける「連結先行」の意味をどのように解釈するか、ということ。

1.連結会計に先行してIFRSを適用し、その後、個別会計(単独)にもIFRSを適用する。
2.連結会計にIFRSを適用し、個別会計にはIFRSを適用しない。(日本基準を適用する)
3.その他(個別会計には、選択適用を認める、等)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード