レバレッジ時間術

『レバレッジ時間術』 本田直之 幻冬舎 2007.6刊

レバレッジ・リーディング」の本田さんによる第2弾、今度は時間編。
管理人は、読んだ本が気に入ると、その著者の別の本も次々に読む癖があります。名付けて「著者縦断法」。これは、確か企画本の大御所、高橋憲行さんの本にあったHACKです。

時間についても、投資と回収という観点で論じています。
特に「時間を投資する」→仕組みづくりに時間を使う、というのは頷ける考え方です。
ただ、カレンダーとPDAでスケジュール管理、というあたりは、どうか?
彼が、経営者という特殊な前提なので出来るように思います。
長期視点が必要だ、という点に依存はありませんが、多くの企業ではスケジューラーの共用が義務化されているでしょう。普通のビジネスマンには、他のHACK本の方が参考になります
前著ほどのインパクトはないですが、新書版なので、気軽に買えて読みやすいです。
お薦め印:★★☆☆☆(ちょっと厳しい?)

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則
本田 直之 (2007/05)
幻冬舎

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス書籍レビュー
ジャンル : ビジネス

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード