FC2ブログ

IFRSとオフバランス

IFRS導入によりオフバランス取引(簿外取引)の範囲が狭くなる、という議論がされることがあります。
例えば、現在改定が検討されているリース、特にオペレーティング・リースなどが典型です。
(「リース:予備的見解」の和訳はこちら

管理人は、基本的に、金銭に換算できるすべての取引を記帳するのが、財務の主な役割りだと考えています。資産負債アプローチ、ほぼ、それに尽きる。
もし「オフバランス取引」に金銭的な価値があるのであれば、簿外になっていること自体が、そもそも異常です。簡単に言うと粉飾。
オフバランス取引の範囲が狭くなる?いいんじゃないですか、と思います。

なお、財務諸表を税務申告にも使用する「確定決算主義」は、財務諸表作成者(企業)側の、オンバランス化のモチベーションを下げるという問題があります。
(この点は、別に書くかも)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
Amazonからのお薦め
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。