IFRSと銀行監督

2010.1.26付の日本経済新聞投資・財務1面「国際会計基準 激化する覇権争い(上)」という記事について。

英国の金融サービス機構(Financial Service Agency、FSA)が、「新たな引当金処理の考え方に疑問を投げかけた」とあり、IFRSの公開草案「金融商品:償却原価と減損」に反対しているものと伺えます。
まあ、欧州銀行の傷みがひどいことは、関係者の間ではよく知られたことですが、英FSAは監督責任と機能の有効性を問われて、存立自体が危機に瀕していますので、余計に責任転嫁的にならざるを得ないんでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード