上場廃止を志向する経営者

ダイヤモンド社のサイト「DIAMOND online」の以下の記事をネタに。ザックリ言うと、IFRS対応がメンドいので、上場廃止を検討している企業が増えるかも、という観測のようです。

■DIAMOND online:唯一の逃げ道は上場廃止? 経営者の誤解と課題への対処法(2010.1.7)
http://diamond.jp/series/ifrs/10004/

まあ、自由主義社会の日本では非公開化するのは「自由」なので、よろしいんじゃないでしょうか。ヘタレ経営者が市場から退出するという意味でも、悪くない。
IFRS対応コストくらい償却できないような経営成績なら、そもそも上場している価値はないです。というか、社内に無駄を山ほど抱えているくせに、なんで経営の根本課題に対処する最低限の必要コストを忌避しようとするのか、全く理解できません。

問題があるとすれば、それはIFRSと日本基準によるコストの二重化で、これを回避する最も簡単で良い方法は日本基準をなくすこと(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード