公正価値(348/365)

公正価値(Fair Value)とは『独立第三社間取引において、取引の知識のある自発的な当事者の間で、資産が交換され得る又は負債が決済され得る価額。』のこと。
(『 』内はIFRS2009 日本版より引用。以後、同様。)

公正価値は、時価(Market Value)とは、ほぼ同義ですが、完全に同じではありません。公正価値では、マーケット(市場)以外における価値でも、公正なものは取り入れ可能なので、より広範囲になります。

公正価値には、次の3つの要件があります。

1.独立第三者間取引→オープンで公正な市場
2.取引の知識のある自発的な当事者→情報が十分で、競売、売り急ぎ等で強制されない売手と買手。
3.資産が交換され又は負債が決済される価額→交換等時点において一般に期待される価値

ただ、マーケットが無い(又は機能しない)場合の公正価値を何に求めるか、という問題があります。IFRSでは、2009.5.28付けで公開草案「公正価値の測定」が出され、検討がおこなわれています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード