FC2ブログ

金融資産の再分類(319/365)

金融資産の再分類(Reclassification of Financial Assets)とは、当初認識時におこなった金融資産の分類を変更すること。
再分類を広く認容することは、恣意的な会計操作を許し、粉飾を助長すると考えられます。そのため、IFRSでは金融資産の再分類は、従来は非常に限定していました。

ただ、2008年10月のIAS39号の改定では、この金融資産の再分類について、以下のように許容範囲を拡大しました。

1.従来禁止されていた、損益を通じて公正価値で測定からの再分類(稀な状況下のみ)。
2.貸付金および債権に該当するであろう金融資産を損益を通じて公正価値で測定に分類していた場合、保有意思及び能力を条件として、貸付金及び債権への再分類。


これらは、金融危機に伴い、主として欧州の金融機関や当局の要求になびいた恣意的な措置と言われています。デュー・プロセスを経ずに、このような改定をおこなったことは、IASBの独立性に関して深刻な疑念を呼び起こしました。

なお、IAS39号の改定に伴い金融資産の分類は公正価値と償却原価という測定方法に則した2区分になります。両区分間における金融資産の再分類は、ビジネスモデルの変化による場合(強制)を除き、禁止されます。

<追記>
IAS39号改定の1フェーズ目である「金融商品:分類と測定」が終了し、IFRS9号が公表されたとのこと。(2009.11.12)
IASB completes first phase of financial instruments accounting reform

今回、置き換えの対象となったのは「金融資産」の部分。減損(2フェーズ)、ヘッジ会計(3フェーズ)に加え、金融負債に関する規定も2010年まで継続審議の予定。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
Amazonからのお薦め
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。