確定決算主義(302/365)

確定決算主義とは、会社法に基づき確定した決算書類(財務諸表)を出発点として課税所得を計算すること。基準性の原則も、ほぼ同義。

税法上の処理や調整は必要ですが、財務諸表をベースにすることで、税務会計と会社法会計(金融商品取引法会計も含め三者)が基本的にリンクしています。

■企業会計法のトライアングル(2009.8.11)
http://mf2007.blog108.fc2.com/blog-entry-533.html

すでに連結納税制度などで、この確定決算主義に軋みが生じていますが、IFRSがアドプションされると、問題が更に拡大します。個別財務諸表(単体)の扱いによりますが、税務と会計の乖離を容認するか、または連結と単体を分離する、どちらかの扱いが必要とになる可能性が高いと思います。これが連結先行/連結分離の議論の中心です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード