レバレッジ・リーディング

『レバレッジ・リーディング』 本田直之 東洋経済新報社 2006.12.14刊

2006年12月刊で、当時何度か手に取ったものの、購入しなかったのですが、ある先輩に薦められ、読みました。

まず、読書を「投資」と捉えているところがユニーク。
その投資を100倍にして回収するため、
1.多読する。
2.マーキング(線引き、ドッグイヤー)する。
3.書き抜きメモ(レバレッジメモ)を作る。
4.メモを持ち歩いて、読み返す。
という、一連の作業を勧めています。

本を汚す習慣のないヒトにはちょっと抵抗があるところがあるかもしれませんが、個々の作業を具体的に記述してあり、ビジネス本から投資を「回収」したいヒトにお薦めです。
でも、読んで、マーキングまではできても、メモが作れないんですよね…
お薦め印:★★★★☆(読書の投資を回収したい方)

レバレッジ・リーディング レバレッジ・リーディング
本田 直之 (2006/12/01)
東洋経済新報社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめてコメント頂き

コメントありがとうございます。
初めて、頂いたにも関わらず、本日まで気付かず、お粗末でした。

ブログ拝見しました。内容充実で素晴らしいですね。

こんにちは。この本読みました。
確かに、本ほど安価な投資はないかもしれませんね。
TBさせていただきます。
スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード