FC2ブログ

年功制(24/365)

【定義】
年功制とは、企業に入社してからの年次(在社年次)を基準にした人事労務制度。いわゆる、年功序列。

【解説】
年功制は、賃金などの処遇を対象とした概念。入社後、経年的に昇給、昇格するのが基本であり、原則として同一年次の者は同一の処遇を受ける。
戦後の高度経済成長期には、この年功制と終身雇用制・企業内組合の3つが「日本的経営」の特徴で、競争力の源泉と、されたこともあった。

しかし、年功制は、現在の本邦の経済・社会環境下では、多くの問題が指摘されている。例えば以下の点。
1.若年層比率の減少や経済成長の鈍化により、個別企業では、壮年層全体に、当初、想定したような処遇をすることが、そもそも不可能になっている。(高度経済成長や若年人口の継続的大増加を前提にした空手形だった)
2.年功が、個人や企業にとって、経験やノウハウになるのは、変化の少ない、連続的な環境下に限定される。ブレイクスルーがあると、むしろ、年功が邪魔になる(成功体験の呪縛)ことさえある。年功制のコンセプトが、現在の環境にそぐわない。
3.年功制は、年齢制とは異なり、入社からの年次を基準にする。転職や中途入社など、雇用の流動化に、制度的に対応できない仕組みである。

現在では、官庁や一部大企業を除き、急速に衰退。能力を基準とする職能資格制度を経て、成果主義的な人事制度が、取って変わりつつある。なお、今後は、正規雇用という仕組み自体の是非が問われ、解雇柔軟化が重要テーマとなるかもしれない。

【関連サイト】
■当ブログ:日本的経営(2009.1.22)
http://mf2007.blog108.fc2.com/blog-entry-280.html
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
Amazonからのお薦め
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。