FC2ブログ

オリエンタルランドが地震に備え融資枠増額(続)

昨日の、東京ディズニーランド(TDR)を運営するオリエンタルランド(OLC)が、地震リスクに備えて融資枠を増額した、という記事の補足。

記事の「この融資枠の保全措置としてOLCは新株予約権を銀行に割当」と簡記した部分について。
銀行による新株予約権の取得はいわゆる担保権ではありませんが、以下のようなプロセスを経て貸付金の回収に充てられるため、広義の担保に相当するものとして「保全措置」と表現しました。「担保」でもよかったかもしれません。

新株予約権の行使→株式の取得→売却→貸付金に充当(回収)


ただ、このプロセスは第三者割当の無償増資で、既存株主にとっては「株式の希薄化」になります。株数の増加による1株当りの価値の低下ですね。
そのため、新株予約権の行使条件を地震発生が舞浜から70km圏内等の場合と厳格に条件付けし、銀行が簡単には行使出来ないようにして株式の希薄化を防ぎ、債権者と株主の利害調整しているようです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
Amazonからのお薦め
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。