FC2ブログ

投信顧客の5割弱は運用損益率がマイナス

金融庁が、証券会社や銀行など投信の販売会社に関するリストや分析資料を更新・公表しています。

■「顧客本位の業務運営に関する原則」を採択し、取組方針・KPIを公表した金融事業者のリストの公表について(平成31年1月29日更新)
https://www.fsa.go.jp/news/29/sonota/20170728/fd_kouhyou.html
(上記リンクは個別リンクではないため、都度更新により内容変更の可能性あり)


共通KPIとは、金融庁が2018年6月に「投資信託の販売会社における比較可能な共通KPI」として示した以下の3つの指標のこと。

■運用損益別顧客比率
■投資信託預り残高上位20銘柄のコスト・リターン
■投資信託預り残高上位20銘柄のリスク・リターン


それらを分析したのが以下の資料。
■金融庁:販売会社における比較可能な共通KPIの傾向分析(2019.1.29)
https://www.fsa.go.jp/news/29/sonota/20170728/bunseki2.pdf

原則を採択し、取組方針とKPIを公表したのですから、一般論として業界ではマシな方の会社のはずです。それでも上記資料p2、「運用損益別顧客比率は、数値を公表した96社合算ベースで、5割弱の顧客の運用損益率がマイナス。」と。
パッシブ運用に勝てないどころか、不況期でもない(好況というヒトもいる)のに投信の運用損益率がマイナスってどうよ?と思ってしまいました。金利が(ほぼ)付かなくても、預金・貯金のほうがまだマシだったという結果。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
Amazonからのお薦め
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。