FC2ブログ

文書作成過程を遡上して読解する 遡上法のすすめ

1.遡上法とは
ある文書(ドキュメント)や資料等を読んで、不明な点や疑問が生じた場合の対処法のひとつとして、その資料等の作成過程を遡ってみるという方法があります。
これを勝手に、「遡上法」と名付けました。

文書は一般に、

原案→討議→修正案→承認


という手続で作成されます。(討議→修正案を何度も繰り返すこともあり)

承認された文書が公示・適用されるのですが、それだけを読んでも不明な点や疑問がある場合は、修正案や討議の過程を調べて逆にたどり、文書を読み解く手掛かりを得るということです。

2.国の法令や会計基準の例
例えば、国の行政機関では先のパブリックコメントに関するエントリで示した行政手続法の定めがあり、確定した命令等だけでなく原案や討議過程の議事録、パブリックコメントとそれに対する回答等が開示されます。

命令等の案の作成→公示・意見募集→命令等の策定→結果の公示


会計分野のIFRSや日本基準なども、

DP(ディスカッション・ペーパー)→ED(公開草案)→会計基準

という文書の作成段階ごとに開示され、原則としてコメント募集をおこないます。
ASBJのコメントへの回答が会員限定公開であったりするのがちょっと不満ですが、前版との相違点や関係者のコメントが最終的な文書の解読の手掛かりとなる場合があります。

対照表が付与されていると、非常にありがたいです。

3.文書へ全般の応用
一般の文書では、国の行政機関の命令等のような手続は通常定められませんが、必要に応じて以前の文書や議事録や関係者のメモ等に当たり、似た手法を取ります。
最後は、関係者へのヒヤリングも。ヒトの記憶は時系列には強いため、時間を遡る形での質問は有効です。

ポイントは、①前版との差分と、②文書には書かれていない内容です。
①の差分は、ボリュームが多い場合は対照表を作成こともあります。いわゆるギャップ分析表ですね。
②の文書には書かれていない内容とは、細部(ディテール)や背景、例示など。文書のレベルや性格により、たとえ実務で重要なことでも文書本体には書かれない内容があります。それらを掘り起こす訳です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード