FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森博嗣「作家の収支」



暫く空いてしまいましたが、読み終えた本の話など。

■「作家の収支」 森博嗣 幻冬舎新書 2015.11.30刊


著者は、ミステリ作家の森博嗣氏。実は、この著者の書く小説「以外」の書籍は、ほとんど入手しています。(読了は一部で、他は積読中)

本書は「一人の作家の経済活動を概説」した内容ということで、以前に読んだ「小説家という職業」と対になる本という位置付けのようです。
原稿料や印税に始まり、講演料、対談料等まで、細々と開示されています。
作家(小説家)に成りたい希望がある訳ではまったく無いのですが、作家(小説家)のビジネスモデル、特に収益モデルに関する論考として、大変興味深く読みました。
著者や出版社の意図にはそぐわないでしょうが、経営戦略やビジネスモデルの理解を深めるのに、とても役立つ書籍だと思います。もちろん、作家に成りたい方には、直接的に役に立つことでしょう。

なお、細事ですが、税金や財務に関する記述に、やや不正確なところがいくつか散見されます。
特にp37の「在庫は課税対象になる」というのは、明らかな誤りです。在庫は原価や経費になりませんが、それは資産なので当然のこと。「原価や費用(=損金)にならない」と言うべきで、それを「資産は課税される」と表現するのはおかしいです。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。