FC2ブログ

社内通貨と評価

日本経済新聞の連載記事「人件費を考える」に社内通貨の事例が掲載されていました。

■人件費を考える(中)社内通貨で生産性向上(2018.4.19)
https://www.nikkei.com/nkd/industry/article/?DisplayType=2&n_m_code=083&ng=DGKKZO29555090Y8A410C1DTA000


記事のメインは、ディスコが導入した社内通貨Will(ウィル)による制度です。
この記事だけでは、よく理解できませんでしたが、厚生労働省の「働きやすく生産性の高い職場のためのポータルサイト」に資料がありましたので、こちらも参考に。
[参考]
■働きやすく生産性の高い職場・表彰:株式会社ディスコ
https://koyoukanri.mhlw.go.jp/example/pdf/file_70.pdf

すべの業務や報奨・課金(ペナルティ)等に社内通貨Willによる値付けをおこない計測と一部交換等をする、Will会計という仕組みのようです。

貨幣の機能として、一般に価値尺度、交換、価値貯蔵の3つの手段となることが挙げられます。
ディスコの社内通貨Willは、このうち特に価値尺度の機能として設計されているようです。人事や業務評価の可視化(=見える化←死語)を、共通単位でおこなう方法としての社内通貨という位置付け。

期毎にリセットするので価値貯蔵手段とはならず、交換の機能も限定的で、いわゆる通貨というイメージではないように思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード