FC2ブログ

ベンチャーが仮想通貨Ethereumで現物出資

仮想通貨ベンチャー企業のスマートコントラクトシステムズ(SCS社)が金融システム開発のシンプレックス社と共同設立する会社に仮想通貨Ethereum(イーサリアム)で現物出資するとのこと。

■仮想通貨で会社設立、「イーサリアム」を現物出資(2018.3.28)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28690060Y8A320C1EE9000/


現物出資とは、会社設立の出資に際して、金銭以外の財産で払い込みすること。会社法では出資は原則として金銭でおこないますが、金銭以外の財産(現物出資財産)による出資も例外的に認められます。
仮想通貨は、現在の本邦法制(資金決済法)下では金銭(通貨)ではないので、仮想通貨での出資は現物出資ということに。

資本金200百万円で出資比率はシンプレックス51対SCS社49、SCS社は金銭以外の財産である仮想通貨Ethereumで現物出資、つまり払い込みすると。
Ethereumということは、当然、将来のICOでのトークン発行を睨んだものと思います。
残念ながら、資本会計にはまったく詳しくないので、問題がありそうかどうかも含めて、ちょっと判断がつきません。

ご承知の通り、仮想通貨の会計処理については、今月、企業会計基準委員会から以下の実務対応報告が公表され、一部が定式化しました。

■実務対応報告第38号 「資金決済法における仮想通貨の会計処理等に関する当面の取扱い」の公表(2018.3.14)
https://www.asb.or.jp/jp/accounting_standards/practical_solution/y2018/2018-0314.html


ただ、この実務対応報告に資本会計の論点はまったく含まれていませんし、ICO(Initial Coin Offering)の扱いも未定です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード