FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊藤公一朗「データ分析の力 因果関係に迫る思考法」



またまた間が空いてしまいました。
積読の山からやっと1冊消化しましたので、ご紹介を。

■「データ分析の力 因果関係に迫る思考法」 伊藤公一朗 光文社新書 2017.4.20刊


著者曰く「実践的データ分析に焦点を当てた、計量経済学への超入門書」(p265)。数式を使わず解説されています(数学付録除く)ので、データ分析の知識がまったく無い方へもお薦め。
p12に「本書の構成」として、全体の内容がフロー図で描かれています。難解なテーマでは、こういうのが超大事。

特に、p39の図解「図表1-3 データ分析から因果関係を立証することはなぜ難しい?」は、因果関係(と混同?される相関関係も)の概念を簡明な要因図で解説しています。これをキチンと理解するだけで、世に溢れる怪しいデータ分析結果やグラフに騙されにくくなるかと。
余談ですが、例えば経営分野では、ホーソン実験の結果がこの図解で説明できます。

データ分析手法としては、ランダム化比較試験(RCT)と3つの自然実験(RDデザイン、集積分析、パネル・データ分析)が挙げられています。管理人はパネル・データ分析以外は初見でしたが、理解自体は特に難しくありません。

後半の実践編や上級編では、データ分析をビジネス等に生かすポイントや、データ分析の不完全性や限界も。非常にフェアなスタンスです。
最終章では、参考図書が紹介され、継続的な学習の指針も示されています。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。