FC2ブログ

バイセル取引

東芝事件で知名度の上がったバイセル取引について。

メーカーに製造委託する際に、部品や原材料(部材)を委託側企業が支給するケースがあります。
部材の支給には、有償と無償の場合があり、有償支給取引及び無償支給取引と呼ばれます。

バイセル取引(Buy-Sell取引)とは、前者の有償支給取引のことで、製造委託に際して部材を有償で支給(=販売)し、製品の買い入れ時にはその部材費を含めた価格で購入する取引。
バイセル取引はPCやスマホなどのIT機器では一般的のようです。委託側の企業が(大量一括購買等により)受託側企業よりも安価に部材を調達できる場合には、一定の合理性があります。

バイセル取引(有償支給取引)では、委託/受託双方の企業で部材費に相当する部分が売上高と原価の両方に計上され、グロス取引になるところがポイントです。嵩上げというか、二重計上ですね。特に会計期間を跨ぐことで、これが会計政策、ひいては会計操作や不正に利用される余地が大いにあります。

他方、無償支給取引はネット取引で、加工費相当部分のみの計上です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード