FC2ブログ

特許、許可、認可、登録、届出の違い

行政法関係で、特許、許可、認可、登録、届出…等、似ている法律用語があります。

Web上で検索してみると、(Q&Aサイトを別にして)専門の士業の方が、これらの違いを解説しているページがたくさんヒットしますが、検索上位の内容をいくつか確認すると、相互に整合性が無いものが多々あります。というか、真逆なものも多い。

ただ、これはいた仕方ない面もあり、それは、
1. 法令におけるこれらの用語が、実は必ずしも統一的に使用されていない。
2. 士業の方はそれぞれ専門の法令群に詳しく、それらから帰納的に解説する。
からではないか、と推測します。実務家ですから。

例えば金融庁は、金融機関情報として、

■免許・許可・登録等を受けている業者一覧
http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyo.html

というのを公表しています。
免許・許可・登録とあり、この「免許」は、銀行法に基づく銀行免許等でおそらく特許に相当しますが、例えば運転免許は許可に当たります。混乱。

行政法の基本から遡らないとキチンとした解説はおそらく困難であることは明らかですが、あえて特許、許可、認可、登録、届出の用語を私見で概説すると以下です。
(あくまで概ねで例外も多数あることはご容赦下さい。)

特許、許可、認可・登録、届出は、この順序でユルくなる。

特許は、行政がある特別な権利を付与すること。(知財の特許とは関係ありません。)行政裁量そのもの。
許可は、一般的に法令が禁止する事項を、行政が解除し許すこと。行政裁量有り。
認可は、行政が一定の要件を示し、それに合致した場合に確認すること。行政裁量は無い。
登録は、認可と同様。リストの公表を想定。行政裁量は無い。
届出は、行政の定めた形式で一定の項目や内容を届けるもの。行政裁量は無い。

ちなみに、某CC社は仮想通貨交換業者登録の審査中と主張していましたが、要件に合致しない場合は当然に登録されない訳で、それは必ずしも行政裁量ではありません。
なお、実務的には、届出を受理しない、登録の審査結果を明らかにしない等の事実上の行政裁量が存在するようにも思います…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード