FC2ブログ

野口悠紀雄先生特別講義「ビットコインの先物取引について」聴講

仮想通貨についてはCC社が話題沸騰中ですが、実は金融庁に未登録(審査中?)で仮想通貨交換業者ですら無かったらしくて驚愕…。
閑話休題。

2018.1.26に行われた早大大学院の野口悠紀雄先生の特別講義「ビットコインの先物取引について」を聴講して来ました。

以前にこちらでも記事をアップした、金融商品の取引所であるCBOEとCMEで始まったビットコインの先物取引に関して、その仕組みとマーケットにおける効果がメインのテーマですが、合わせて証拠金取引についても若干解説がありました。

ビットコインの先物取引に関する野口さんの評価は、売り買いどちらへもマーケットが広がるという肯定的なもの。そして投機による価格高騰により、ビットコインの本来の利用方法である送金・決済が困難になってしまった現場を改めるのに資するとの見解です。

買い:機関投資家の市場参入が容易になる。
機関投資家には投資方針や運用計画等でいろいろな縛りがあり直接投資しにくかったが、公的な取引所が先物取引という金融商品に仕立てることで、投資が容易に。

売り:弱気(先安)の見通しが市場に反映される。
先物取引導入後、ビットコインの価格は大きく下落しているが、これまでが強気(先高)の見通しのみ反映して投機が煽られていた、という認識。(法定通貨の為替取引なら先物市場が仮に無くても、例えばドル/円で円が先安だと思えばドルを買う方法があるがビットコインではそれも出来なかった。)

証拠金取引に関しては、先の記事通り規制が必要と。
仮想通貨交換業者最大手某社の取り扱いの過半は、この証拠金取引とも言われ、規制待ったなしかと。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード