FC2ブログ

税効果会計(14/365)

【定義】
税効果会計とは、法人税等の税務の効果を、企業会計に即した形に置き換えるための会計技術。

【解説】
例えば、将来損金として認定され税の還付が発生する金額を繰延税金資産として計上して、還付時に利益として認識するなど。バブル後の、金融機関の不良債権処理に関連して多額の繰延税金資産が計上されたケースがある(ただ、その資産性は課税所得の有無に影響されるため、多くの銀行で問題視された)。
税務上の益金・損金と企業会計上の収益・費用は当然ながら異なる概念だが、本邦では税務と会計を一致させる必要があるため、このような処理が生じてしまう。

【関連書籍】
■税効果会計入門 染谷秀雄 アスキー・メディアワークス 2008.11.7

ポイント図解式会計 税効果会計入門 (ビジネスアスキー ポイント図解式会計) (ビジネスアスキー)ポイント図解式会計 税効果会計入門 (ビジネスアスキー ポイント図解式会計) (ビジネスアスキー)
(2008/11/07)
染谷 英雄

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
Amazonからのお薦め
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。