FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASBJ 仮想通貨の会計ルール原案

2017.10.6付、日本経済新聞の金融経済面より。

■仮想通貨の会計ルール原案 価格下落なら損失処理 基準委(2017.10.6)
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO2194128005102017EE9000/


企業会計基準委員会(ASBJ)は「仮想通貨に係る会計上の取扱いに関する指針」プロジェクトで仮想通貨の扱いを検討しており、指針の原案が示されたようです。(6月末の審議資料についてはこちら
書き手が素人なのか、又は無理に要約等したのか、とても読みにくい記事です。
(ASBJからのリリースは今のところまだ出ていません)

記事によると、仮想通貨の会計上の扱いは時価処理となり、概要は以下の通り。

-仮想通貨は時価で貸借対照表(B/S)の資産に計上。
-企業が最も頻繁に利用する取引所の価格を時価とし、流動性が乏しい場合は取得価額。
-顧客資産を預かる仮想通貨取引所の場合は、資産と同額の負債も計上。(これは預金を負債に計上する銀行経理と同じような処理ですね)
-毎期末に時価で再評価(洗い替え)し、差額を損益(仮想通貨運用損益等)として損益計算書(P/L)に計上。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。