FC2ブログ

クラウドファンディングの資金提供側の仕訳


クラウドファンディングについて、昨日は資金受領側の企業における会計上の扱いと仕訳を書いたのですが、本日は資金提供側です。
(割としつこい)

寄付は、資金の提供側としては、P/Lの販売費及び一般管理費の寄付金になり、仕訳は以下の通り。

クラウドファンディング 寄付型の仕訳
寄付金 XXX / 現預金 XXX


物品購入の場合は、まずB/Sの資産の前渡金(商品)として、商品・サービスの受領時に棚卸資産等の該当資産に振替します。サービスの場合は決算時にB/Sの資産の前払費用とし、提供時に費用に振り替え。

クラウドファンディング 購入型の仕訳(商品:例)
前渡金 XXX / 現預金 XXX
[商品等提供時]
棚卸資産 XXX / 前渡金 XXX


株式投資は、B/Sの資産の投資有価証券(又は有価証券)になります。

クラウドファンディング 株式投資型の仕訳
投資有価証券 XXX / 現預金 XXX


融資は、B/Sの資産の貸付金になります。貸付金には返済があります。

クラウドファンディング 融資型の仕訳
貸付金 XXX / 現預金 XXX
[返済時]
現預金 XXX / 貸付金 XXX



当然ながら、こちらも全く異なる扱いです。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
Amazonからのお薦め
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。