イアン・ブレマー 「トランプ外し」広がる州外交

日本経済新聞(日経)の2017.7.14付記事、コラム「グローバルオピニオン」より。昨日のエントリに続き、米「Gゼロ」シリーズの著書でも知られる、ユーラシア・グループ社長イアン・ブレマー氏のコメント。

■「トランプ外し」広がる州外交(2017.7.14)


ブレマー氏は毎月1回寄稿しているようですね。

米国トランプ大統領の「米国第一主義」に対抗するため、移民政策におけるサンクチュアリシティー(移民都市)と気候変動(地球温暖化)におけるカリフォルニア州の排出量取引制度「キャップ・アンド・トレード方式」を挙げて、米国以外の国が米国の州や都市等と、関係を築き協力する道があることを示しています。

米国は連邦国家であり、分権化が進んでいるためこのようなことが可能ということですが、管理人にとっては目新しい視点でした。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード