日経の特集記事「揺れる監査法人」シリーズ


日本経済新聞(日経)の2017.7.5~7.8に、特集記事「揺れる監査法人 誕生半世紀の岐路」が全4回のシリーズとして連載されていました。

①東芝不正見抜けず逆風 会計ムラに第三者の目(2017.7.5)

②信頼失う市場の番人 新日本、終わらぬ東芝問題(2017.7.6)

③企業との蜜月に陰り 審査厳格化、増えるコスト(2017.7.7)

④社外委員に聞く 赤字の地域事務所再編を/会計士の公務員化も一考(2017.7.8)


実は読み流していたのですが、第4回に慶応大の池尾和人氏が大手監査法人の社外委員としてインタビューされていましたので、翻ってすべて読み直しました。

①東芝不正見抜けず逆風 会計ムラに第三者の目(2017.7.5)
監査、公認会計士、監査法人等の監査制度の基本的な仕組みや組織と2017.3に新たに導入された監査法人のガバナンス・コードについて。

②信頼失う市場の番人 新日本、終わらぬ東芝問題(2017.7.6)
新日本有限責任監査法人(新日本)につき、退職勧奨によるリストラと、東芝の粉飾決算絡みで東芝株主からの訴訟と元子会社WHの問題を取り上げ。

③企業との蜜月に陰り 審査厳格化、増えるコスト(2017.7.7)
審査厳格化でリソース不足が生じ、監査法人側のリスクや費用アップと企業側から見たコストのアップでアンマッチが顕在化。

④社外委員に聞く 赤字の地域事務所再編を/会計士の公務員化も一考(2017.7.8)
池尾和人氏
-47都道府県にある地域事務所で赤字続きのところは撤退を提言。
-監査法人の交代制は相反する問題。交代期間を長めに取る?
-問題の指摘も監査法人の役割。

阪田雅裕氏
-株主総会まで期間が短いという制度や仕組みの問題あり。
-監査法人の交代制は監査品質を向上するがコストが見合うか疑問。
-証券取引所が監査法人に報酬を支払う制度も一考。

[参考]
弁護士の山口利晴先生の論考。第4回の社外委員の阪田雅裕氏の「会計士の公務員化も一考」に関するものです。
■監査の品質向上と会計士の「公務員化」について考える
http://yamaguchi-law-office.way-nifty.com/weblog/2017/07/post-4a1d.html

金融庁の有識者検討会が「監査法人の組織的な運営に関する原則」(監査法人のガバナンス・コード)を2017.3.31付で公表しています。
■監査法人のガバナンス・コードに関する有識者検討会
http://www.fsa.go.jp/singi/governance_code/

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード