NSFR(安定調達比率)



必要に迫られて、金融関係の極めて初歩的な復習を少々。

安定調達比率(NSFR、Net Stable Funding Ratio)とは、銀行の利用可能な安定調達額(資本+負債、分子)を所要安定調達額(資産、分母)で除した指標。なお、負債、資産は規制の要件に従って区分し算入率(掛目)を乗じた金額。つまり会計上の残高ではなく評価替え後の金額。

NSFR = 利用可能な安定調達額/所要安定調達額 ≧ 100%


バーゼルⅢの流動性規制として、流動性カバレッジ比率(LCR、Liquidity Coverage Ratio)と並び導入された。規制では、NSFRが100%以上であることを要求。
バーゼル銀行監督委員会(BCBS)は2014年11月に最終規則文書を公表。翌2015年6月には開示基準の最終規則文書も公表。2018年1月からの施行を予定。

[参考]
■金融庁:安定調達比率 最終規則の概要(2015.2、PDF)
http://www.fsa.go.jp/inter/bis/20141105-1/02.pdf

■大和総研:安定調達比率(NSFR)(バーゼルⅢ)(2015.3.18)
https://www.dir.co.jp/research/report/law-research/financial/20150318_009563.htm

■金融庁:バーゼル銀行監督委員会による最終規則文書「バーゼルIII 安定調達比率」の公表について(2014.11.5)
http://www.fsa.go.jp/inter/bis/20141105-1.html

■金融庁:バーゼル銀行監督委員会による最終規則文書「安定調達比率の開示基準」の公表について(2015.6.24)
http://www.fsa.go.jp/inter/bis/20150624-1.html





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード