京都での出張や観光に一日乗車券(2)地下鉄と嵐電、京阪大津線との共通版

昨日は、京都への出張や旅行に便利な一日乗車券の基本編として、まずは京都市営地下鉄(以下「地下鉄」)の1dayフリーチケット(600円)をご紹介しました。なお昨日、書き忘れ追記しましたが、こちらのチケットで京都鉄道博物館の入館料1,200円が1,080円に120円割引になります(他にも優待あり)。

今回は地下鉄1dayフリーチケットの拡張版、地下鉄と京福電鉄(嵐電)、地下鉄と京阪大津線の両方に乗れるタイプのご紹介です。

-京都地下鉄・嵐電1dayチケット 1,000円

-京都地下鉄・京阪大津線1dayチケット 1,100円


それぞれ1,000円、1,100円で、なぜか京阪大津線との共通券の方が100円高いのが面白いですが、2つの鉄道に跨って利用する方にはお得です。

京都地下鉄・嵐電1dayチケット(1,000円)は、地下鉄の烏丸線、東西線のほか、嵐電の本線(嵐山線、嵐山~四条大宮)、北野線(帷子ノ辻~北野白梅町)にフリーで乗り降りできます。東映太秦映画村に割引料金で入場できる優待特典もあり。
嵐電は全区間共通で210円/回なので、嵐電最寄りの観光地1か所へ往復すれば増分の元が取れてしまいます。
地下鉄と嵐電は、太秦天神川/嵐電天神川駅で地下から地上へ接続しています。

京都地下鉄・京阪大津線1dayチケット(1,100円)は、同じく地下鉄の烏丸線、東西線のほか、京阪電鉄の京津線(御陵~浜大津)と石山坂本線(石山寺~坂本)は、この両方を合わせて大津線と呼びますが、これらにフリーで乗り降りできます。
京都から山科経由でお隣り滋賀県の琵琶湖や石山坂本線方面への観光が主目的になりましょうか。京阪大津線は割高なので、石山や坂本へ往復するか、沿線2ヶ所で下車するなら十分元が取れます。
地下鉄と京阪大津線は御陵で接続し、京阪大津線は地下鉄東西線へ直通運転しています。なお、こちらのチケットでは、京阪電鉄の本線には乗れませんのでご注意を。

これらの1dayチケットは、地下鉄の自販機では販売していないようですが、改札口で駅員から購入できます。また、それぞれ嵐電の有人駅、京阪大津線の駅(一部除く)でも購入可能です。

(つづく)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード