野村證券 野村嘉浩氏「日本企業を取り巻く会計・開示制度変革」

すっかり縁遠くなってしまいましたが、たまにはIFRSの話題でも。

証券アナリストジャーナル2016.7 VOL.54に掲載の野村證券エクイティ・リサーチ部の野村嘉浩さんの論文「日本企業を取り巻く会計・開示制度変革」より。副題は「時価総額2兆円超の企業はIFRS適用を」。

2017.3末期の有価証券報告書提出時点では、IFRS任意適用企業は百社を超え、113社となる見込み。
なお、筆者の認識では広義のIFRS適用企業は144社になるとのことです。内訳は以下。
2016.3末期 IFRS適用済み企業82社
2017.3末期 IFRS適用決定企業24社
2017.3末期 IFRS適用予定企業7社
2017.4以降 IFRS適用決定又は予定企業31社
(上記論文より)

この論文では副題で明らかなように、時価総額1兆円超でIFRS未採用の66社、うち特に時価総額2兆円超の20社について、アナリストは早急にIFRSを適用するように働きかけるべきと主張されています。賛成。

これ以降、IFRS、JMIS、日本基準の開発状況と金融審議会の動きを外観しています。鉄鋼に属する企業がIFRS又はJMISの適用を検討している旨を表明しているとのこと。新日鉄住金さんでしょうかね。

なお「証券アナリストジャーナル」は、論文一本単位からWebで購入もできるようなので、ご興味のある方はぜひ。
■日本証券アナリスト協会 証券アナリストジャーナル
https://www.saa.or.jp/learning/journal/

初めてIFRSに触れる方の基本的なテキストとして、以下の3冊のいずれかを(勝手に)推奨しております。いずれも版を重ねており、定番の教科書と思います。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード