郵便物の特定記録

郵便のオプションも様々ありますね。古い人間なので&昔の職業柄、書留(一般書留、現金書留、簡易書留)、速達、内容証明、配達証明は、一時よく利用しておりました。

知らなかったのですが、今は「特定記録」というのもあるそう(2009年3月から)。特定記録とは、郵便物等の引き受けを記録するオプション。Webから追跡サービスを利用できますが、配達自体は一般の郵便物等と同様に郵便箱への投函で、書留のような配達/受領の確認はしません。
念のため「郵便物等を差し出した記録を残したいとき」が主な用途になります。

■日本郵便:特定記録
http://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/tokutei_kiroku/


ある団体の証明書が期限切れとなり返納する必要があったので、この特定記録を本日初めて利用してみました。証明書自体はすでに利用不能で価値はありませんから書留や配達証明にするほどの意味はなさそうですが、返納は強制されているので、確かに返納手続したことは明らかにしておきたいと思いまして。

■日本郵便:オプションサービスの加算料金一覧
http://www.post.japanpost.jp/fee/simulator/kokunai/option.html


料金は、郵便物等の基本料金にプラス160円なり。
つまり、

【例】定形郵便物25g以内(82円)
基本料金:82円 + 特定記録:160円 = 242円

になります。

書留だと、簡易書留でもプラス310円の料金となるのですが、特定記録はその半額とリーズナブルな料金設定。万一の場合の損害の填補が不要な送付物であれば、特定記録で十分かと思いました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード