商船三井フェリー「さんふらわあ ふらの」パシフィック・ストーリー(2016春旅 東北・北海道⑥)



2016春旅 東北・北海道の続き。長々お付き合い頂きましたが最終回です。
(以前のは、こちらこちらこちらこちらこちら

旅の復路は、札幌-東京発着でフェリーと高速バスがセットになった商船三井フェリー他の「パシフィック・ストーリー」という商品を利用してみました。シーズンにより料金は異なり、最安値のA、B期間は9,990円なり。
名称は異なりますが、小樽、旭川、ふらの-東京発着の商品もあるようです。

■商船三井フェリー
http://www.sunflower.co.jp/ferry/


一時、船旅に凝った頃がありまして、といってもカネも時間もなかったので、大阪、尾道等の渡船とか瀬戸内海、桜島、北九州等の短距離のセコイ奴(←失礼)がほとんどでしたが、それでもけっこう乗り歩いた。ただ、長距離は徳島~東京と、大昔の沖縄行くらいか。
カネは今も相変わらずですが、時間は存分にありまして。新千歳からの空路は飽きるほど乗ったし、新幹線も往路でお腹いっぱい、食指をそそられませんでしたので。

パシフィック・ストーリーの基本プランでは船室はエコノミーですが、これはいわゆる雑魚寝なので、奮発してカジュアルルームというのにアップグレードしてみました。A期間は3,090円増し。差額ベッド代ですね。
カジュアルルームは2段ベッドが3台ずつ向き合う12人部屋。開放型B寝台の雰囲気で、やや鉄としてはお気に入り。閑散期だからでしょうが、専有でしたし…。
なお、2人以上なら、更に上のクラスの個室利用もよいと思います。

展望大浴場も広くてグッド。翌朝も入ってしまいました。
100円玉返金式のコインロッカーが浴室やパブリックスペースにあり、上手く使えば盗難の心配を減らせます。

ひとつ失敗を。大洗港では乗り継ぎバスの接続がとても悪く、バスの時刻もサイト記載とは違っていて、ずいぶん時間を無駄にしてしまいました。ターミナル前で待たず、大洗派出所前停留所まで10分ほど歩いた方がよさそうです。

本当に久しぶりの長い船旅は、とても良かったです。また、すぐにでもフェリーに乗りたいという気分になってます。

なお余談になりますが、熊本・大分の震災の救援に向けて、この「さんふらわあ ふらの」が回航された、という報道を数日後に見ました。

(終わり)



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード