京阪電鉄の小ネタ(2)京阪山科駅と地下鉄山科駅の微妙な関係



京阪電鉄の小ネタ(1)」にも書いたように、京阪電鉄の京津線は京都市営地下鉄の東西線に乗り入れているのですが、その分岐のところが、ちょっと地元民以外には判りにくいのです。

[京都]~--蹴上---御陵---山科----~[六地蔵]
______________∟-京阪山科--~[浜大津]


営業区間は御陵で区切られ、路線は御陵と山科の間で分岐しているので、京都方から山科へ行く場合には東西線の車両に乗る必要があります。京津線の列車に乗ってしまった場合は御陵駅までに乗り換えることになり、そうしないと、地下鉄運賃の他に京津線の御陵駅~京阪山科駅の運賃も支払が必要になる。

しかし、実は地下鉄の山科駅と京阪山科駅は隣接してほぼ同じ場所にあるのです。

これは、もともと京阪電鉄京津線は三条まで路線があったのを、御陵駅より京都寄りを廃止して京都市営地下鉄に乗り入れ開始したことと関係あるのでしょうか。(よく判らず)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード