スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CoCo債(偶発転換社債)

ドイツ銀行の件で話題になっていたので、少し学習を。

CoCo債(Contingent Convertible Bond、偶発転換社債、強制転換社債)とは、株式等への強制転換条項(トリガー条項)の付いた転換社債。

一般的な転換社債では、転換は保有者の権利であり、保有者が権利を行使するかどうか、つまり株式へ転換するかを選択できます。しかし、CoCo債では保有者に転換権はなく、トリガー条項に定めるある条件に抵触すると、偶発的というか、強制的に株式等に転換されるのが特徴。
バーゼル規制への対応のため銀行が優先出資証券等として発行するものは、自己資本比率の基準値からの低下により強制的に株式に転換される条件が付与される。

Contingentとは偶発的な、という意味の形容詞で、コンティンジェンシー・プラン(Contingency Plan、緊急事態対応計画)のContingencyの名詞形ですね。

なお、転換社債(Convertible Bond、CB)とは、株式に転換する権利の付いた社債。ちょっとややこしいですが、本邦の法制では新株予約権付社債の一種に区分され、転換社債型新株予約権付社債とも言います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。