逆線表でスケジューリングする<時間管理のコツ>

<時間管理のコツ シリーズ>
スケジューリングで重要なのは、基本的に、締切の期日から着手日の方へ向けて遡るように作成すること。このような作業の仕方を、逆線表を引くと言います。
プロジェクト・マネジメントの教科書的な説明では、着手日から順に線が引かれているかもしれませんが、実務的にスケジュールを作成する際には逆線表の方が原則的な作成方法です。

組立途中には不整合が生じるかもしれませんが、多くの場合に締切は動かせないので、その手前で調整するしかありません。着手日の前倒し等が可能ならばよいですが、そうでなければ、平行作業、追加人員投入、作業効率化、リスク対策の予備日程カット等々で調整します。
当然、品質やコストに影響することもありますので、バランスを取る必要があります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード