仕事はどこでも出来る だからこそ首都圏一極集中

山口利昭先生のブログ「ビジネス法務の部屋」より。

■テレビ会議システムにみる消費者庁地方移転問題への危惧感(2016.1.29)
http://yamaguchi-law-office.way-nifty.com/weblog/2016/01/post-a647.html


消費者庁が地方の徳島へ移転する案が検討されているようです。政治家による、地方創生というお題目のためのパフォーマンス(←死語)ですが、バカバカしいこと、この上無い。

ITの利用により、今や個人やチームというサイズの仕事なら、場所や時間を問わず、出来るようになりました。
難しいのは何かというと、コミュニケーションです。情報伝達や単なるミーティングではなく(←こういうのは遠隔でも問題ない)、交渉、折衝、説得等の基本的に意見や見解の異なる者同士の極限的な対話。

山口先生が懸念されるように、現在及び当面数十年間先に想定される技術では、このようなことを遠隔でおこなうことはまったく不可能です。だからといって、わざわざ徳島くんだりまで出かけることも世の多くの人にとっては困難なこと。
政治、民間等に広く影響する官庁は、首都圏に一極集中するしかなく、省庁移転などまったくナンセンスです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
01 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード