「無断引用」は二重の意味でおかしい

遅ればせながら、著作権等の知的所有権について勉強しておりまして、少し思ったことを。

自己のテキストや画像などが勝手に盗用された際に「無断引用」という表現がなされる場合がありますが、これは言葉としてちょっとおかしいのではないかと。

引用は、著作権法(第32条1項)で定められた権利で、公表された著作物、公正な慣行に合致、目的上正当な範囲内(同)、出所の明示(第48条)等の要件(条件)があります。ただ、引用では、著作者の許諾は要件になっていません。例え、サイトに「引用禁止」と明示して契約的な縛りを入れたとしても、著作権法で認められている以上、拘束力がありません。
つまり「引用」は基本的に無断でするもの、無断でOKということ。なのに、無断引用とはこれ如何に。これが第1のポイント。
(許諾等を得ても、もちろんかまわない訳ですが。)

逆に、引用の要件を満たさない場合、それは引用ではありません。
例えば、引用部分の方がボリューム的に多いときは主従関係が不明確又は逆転しており、正当な範囲内ではない可能性が高いです。そもそも引用に該当しないのであれば「無断引用」という表現はおかしく、単に「盗用」。
では、もし、許諾を得ればどうか?それも、そもそも第32条1項の「引用」には該当しないので、許諾を得ないことを「無断引用」というのは極めて変で、これが第2のポイント。

なので、無断引用というのは二重の意味で、おかしな言葉だなぁ、と思った次第。文化庁のサイトでは「例外的な無断<利用>」のひとつとして引用を挙げています。当然ですね。

[参考]
■文化庁:著作権なるほど質問箱:8.著作物等の「例外的な無断利用」ができる場合
http://chosakuken.bunka.go.jp/naruhodo/outline/8.h.html

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード