リース借手の会計処理 IFRSは単一モデル、米国基準はデュアルモデル

先日「IFRS16 リースがリリース」というエントリを上げましたが、少し補足を。

リースの借手(リースの利用者)の会計処理は、従来はオペレーティング・リースとファイナンス・リース(キャピタル・リース)に区分して、2つの異なる方法でおこなっていました。これは、IFRSも米国基準も(それを参考にした日本基準も)同じ。
オペレーティング・リースは基本的にオフバランス(簿外)扱いで、これが大きな問題になっていました。例えば、設備等の調達原資が何であるかは本来、企業実態にまったく影響しませんが、借入で調達するか、(オペレーティング)リースにするかで、財務上の見かけはまったく異なったのです。企業実態に反する開示が粉飾だとすれば、従来のリース基準は粉飾を公に認めていた訳です。

IASBが発行した新たなIFRSのリース基準、IFRS16号は、この問題に対処するために2つのリースの区分を無くし、ひとつの会計モデルでオンバランス化(資産、負債に計上)することにしました。
なお、IASBと共同でリース基準を検討してきたFASBは、従前の2区分と類似したデュアルモデルの採用を決定したそうです。

これにより、リースの会計処理において、IFRSと米国基準は大きく異なることになりました。さて、日本基準はどうするのか、興味深いです。

ASBJのサイトに、IASBのリリースの和訳がアップされていますので、ご参考に。

■ IASBがリースの貸借対照表への計上によってリースに光を当てる(2016.1.13)
https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/iasb/standards/ias2016/comments20160113.shtml

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード