印鑑のお辞儀押し、枠外はみ出し、超薄い印影

少し前にTLで印鑑の「お辞儀押し」が話題になっていましたが、先週の日経のあるコラムにも、また載っていました。

お辞儀押しとは、稟議書などの書類に印鑑を押す際、(次の)上司の方に、つまり左に向け30度ほど傾けて押印して、敬意をあらわすことです。押印の傾きを、頭を下げてお辞儀をしたと見立てたのでしょう。
主に金融や不動産業界の慣習と思われているようですが、管理人のいた会社ではこのような慣習は見たことも、聞いたこともありません。

ただ、自分が本心では賛成しない(したくない)案件について、わざわざ枠を外して押印する人はいました。このときも、実は傾けて押印します。これ、けっこう活用されていました…。
あと、かなり見えにくい、薄い印影でわざと押す人とか(当時の社長でしたが)。

反対ならば、そう言うか、または押印しなければよいのですが。へんなことをする人は、どこの会社にも、いるものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

仮想通貨 IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード