トンデモな情報に騙されないために

以前に「情報の玉石混交とトンデモ」というエントリをアップしました。

これは、情報源の見極めに関して、ある分野で高い専門性が証明されている、いわゆるプロでも専門外の分野では簡単にトンデモ(似非科学)に騙され、その拡散に手を貸すことがある。そうならないように自戒したい、という趣旨でした。

例えば、明治大学科学コミュニケーション研究所の以下のサイト。TLで教えて頂いたのですが、似非科学と疑われるものについて科学的な評定をおこなっていて、とても参考になります。

■似非科学とされるものの科学性評定サイト
http://www.sciencecomlabo.jp/


マイナスイオン、ヒアルロン酸、ブルーベリーエキスとか、大々的に広告しているようなものが、ありますねぇ・・・
(列挙されているすべての項目が゛「似非科学」な訳ではありません)
ここで、明確に「似非科学」とされているようなものを「推し」ているサイトは、少なくともその領域では、おそらく情報源としての価値がほとんどないということ。

上記のようなサイトを、時間のある時にザッとでも見て自己のアンテナを磨いておくことが、いろいろな情報源の適否を判断するのにとても有効だと思います。あるいは科学性の判定方法そのものも、とても参考になります。科学的な考え方が学べ、ここに列挙されていない事柄に当てはめることで、応用が可能ですので。
もちろん、そのサイト自体の科学性にも目を配る必要があるのはもちろんですが。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード