ジョハリの窓

<マトリクス・シリーズ>
前回はタイムマネジメント系のアイゼンハワーの四角形でしたが、今回はジョハリの窓。

ジョハリの窓は、自分と他人の視点から行動や性格等のパーソナルな特徴を区分するもの。元は心理学の用語のようで、人事系の分野では有名なツールです。

ジョセフ・ルフト(Joseph Luft)とハリー・インガム(Harry Ingham)の2人の名前の冒頭だけ取って繋げて「ジョ+ハリ」と、やや無理やり感ありますが、英語でも「Johari Window」のようです。

縦軸:他人の視点
横軸:自分の視点
の2×2=4マスのマトリクスです。

ジョハリの窓
自分
知っている知らない
他人知っている開かれた窓盲点の窓
知らない閉じた窓暗い窓
 







新入社員向けの講演やセミナーをよくやっていた頃(ずいぶん前ですが)、必ず使っていたことを思い出します。

各々の窓は、
開かれた窓(Open)は、自分も他人も判っている。
閉じられた窓(Hidden)は、自分は判っているが、他人は知らない(隠している)。
盲点の窓(Blind)は、他人は判っているが、自分には判らない。(盲点になっている)
暗い窓(Unkown)は、自分も他人も判らない。

この中で、管理人が好きなのは、圧倒的に「暗い窓」です。他人はもちろん、自分さえも知らない側面があるなんて、何かワクワクしませんか?

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード