代替される職業、されない職業

野村総合研究所が、日本の職業について人工知能(AI)やロボット等で代替される可能性を研究し結果を公表しています。
以前に話題となりエントリをあげた英オックスフォード大マイケル・A・オズボーン准教授たちの研究の、日本版のようですね。

■日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に(2015.12.2)
https://www.nri.com/jp/news/2015/151202_1.aspx


601の職業を分析したそうです。

-日本の労働人口の約49%が、技術的には人工知能等で代替可能

-抽象的な概念を整理・創出するための知識が要求される職業、他者との協調や、他者の理解、説得、ネゴシエーション、サービス志向性が求められる職業は、人工知能等での代替は難しい

-必ずしも特別の知識・スキルが求められない職業に加え、データの分析や秩序的・体系的操作が求められる職業については、人工知能等で代替できる可能性が高い

(上記より引用)

という見解。

「人工知能やロボット等による代替可能性が高い100種の職業」と「人工知能やロボット等による代替可能性が低い100種の職業」もリストアップされています。

これを見ると、「代替可能性が高い」方の職業は、あまり違和感ありません。「事務員」、「XX工」、「XX員」、「運転者」、「オペレーター」など。

一方、「代替可能性が低い」方の職業は、非常に強い違和感がありますね。「経営コンサルタント」が入っているのはよいとして(←ポジショントーク)、なんで「教員」がこちらなのでしょう。教員だけでなく、そもそも学校や大学の存在価値自体が強く問われている現状を反映していません。必要なのかと。

「XX医」等の医療系や福祉・介護系の職種が入っているのも、まったく納得できないですね。残念なことですが、医師の多くが不勉強で技術力不足かつ不衛生なのは周知の事実だと思いますが。福祉・介護も人間が関わるから双方に問題が生じる訳で。こういうのこそ、さっさと人工知能やロボットで代替して欲しいと、心から思います。システム化により多くの人の命や心身が救われる。(以前のエントリを見返したところ、同じようなコメントを書いてました…)

チャラい系の「カタカナ職業」が多く入ってるのも、どうなんでしょう。大した人数のいない泡沫職業でしょうが、どうも、人間の感性や他者との協調うんぬんを、極度に過大評価しているように思います。まあ、多くの職業自体がなくなっていくようにも思うので、代替する価値もないということかもしれませんが。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

最近のトラックバック
最近のコメント
検索フォーム
ユーザータグ

IFRS 簡単図解 

楽天トラベル
amazonからのお薦め

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

xz400

Author:xz400
「生涯一コンサルタント」として、ダウンシフトしながら、人生晩年を迷走中です。

Firefox
Firefox ブラウザ無料ダウンロード